人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

相続手続きする際の確定申告

相続手続きの中には様々な手続きがあり、これまで故人が確定申告していた場合は、1月1日から死亡した日までの納税の申告が必要になります。

これを「準確定申告」といい、相続人が手続きを行わなければなりません。もし相続人が2人以上いる場合は、相続人全員の連署による申告書を提出する必要があります。

通常の申告は、1月1日から12月31日までの所得を翌2月16日から3月15日までに申告しますが、相続人による手続きの場合は、死亡が3月15日以前かそれとも3月15日以降かによって、手続きの内容が異なるので注意が必要です。

相続手続きに向けて

家族が亡くなって相続手続きをしないといけないという時には、気持ちが落ち着かない事が多いと思います。相続手続きに向けて遺言書を見つける必要があります。相続手続きは遺言書があればそれを元にして行いますので非常に重要な存在となります。

とは言っても遺言書はどこに保管しているか分かりませんし、あるかどうかも分かりません。ですので、相続手続きの話合いの前に、遺言書を家族で手分けして探す作業も大事でしょう。

また、無事に相続手続きを行うためにも、発見した遺言書は勝手に開封してはいけませんので注意しましょう。つい開封したくなる事もありますが、まずは封筒を見つける事に専念しましょう。

まとまらない相続手続き

家族みんなが集まって相続手続きをしようとしても、話がまとまらないという事もあるかと思います。やはり不動産の様に分割しにくい遺産も含まれている可能性もあります。もし相続手続きの際の話がまとまらない時には、調停となります。

しかし、それでも相続手続きの決着がつかない事もあります。その場合、裁判所がどうするのかという事を判断する事になります。そうなった場合には、相続手続きにおいて時間もかかりますし、手間もかかる事になります。できるだけ相続手続きは、最初から弁護士に依頼するなどして、話がまとまりやすい様にしましょう。その際には、自分の事ばかりではなくて協調性も大事となるでしょう。

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚