人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

相続手続きには戸籍謄本が必要

相続が発生すると、被相続人が遺した財産(相続財産)を相続人名義に変更する手続きを行う必要があります。不動産の場合には法務局において相続登記の手続き。預貯金口座の場合には、金融機関で相続手続きを行います。

その際、どの手続きにおいても必ず必要となる書類があります。それが戸籍謄本です。これは被相続人と相続人の繋がりが証明し、相続人を確定するための書類となりますから、被相続人の出生から死亡までの謄本(原戸籍、除籍謄本)を全て取得する必要があります。

また相続人の場合には現在の戸籍謄本が必要となります。これらは本籍地のある市区町村役場で取得することが可能です。

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚