人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

交通事故の慰謝料

どちらにも少しは原因があり交通事故になってしまったなどという事もあるでしょう。その場合には、過失割合が関係し、被害者は保険会社と話をして決める事になります。

しかし、双方が同意に至らない場合は、弁護士を通して訴訟になる事もあります。過失割合が関係する交通事故問題で相手と揉めてしまったなどという事はすぐに、取り扱ってくれそうな弁護士に相談をしたいですね。

弁護士は訴訟まで行う事ができますので、相談するには適切な専門家であると言えるでしょう。

交通事故によっては解決が簡単ではないと思いますが、相談する事によって、きっと少しでも事態が良い方向に向かっていくだろう、と思います。

人身事故に遭って怪我を負うと、加害者に対して治療費の実費などの他に精神的な苦痛として交通事故慰謝料を請求する権利が発生します。 この交通事故慰謝料の金額は本来、人身事故によって被害者が感じる精神的な苦痛の度合いは異なるのですが、入院していた期間や通院した日数などといった客観的に判断できる基準で計算されます。

そのため、実質的に感じた精神的苦痛と実際請求できる交通事故慰謝料の金額に違和感を感じることがありますが、そんなときには弁護士に相談して妥当な金額を目指す活動をするために代理人などを依頼することができます。

交通事故慰謝料は過失割合で減額される

交通事故慰謝料は、精神的な損害を補てんする金銭です。これは、法文上、民法709条によって、損害を受けた被害者が損害賠償とともに請求することができるものです。ただし、損害が起きたことに被害者にも過失があれば、この交通事故慰謝料は過失割合に応じて減額されます。

これは、過失相殺によって、裁判ならば裁判官が判断します。当事者間の示談で話をつける時には、当事者の話し合いの中で決定します。そのため、示談で相手が争う場合にはなかなか決まらない傾向にあります。そうなると法廷で争って白黒をつけなくてはならなくなります。

交通事故の際の交通事故慰謝料は保険会社に任せる

運悪く交通事故にあってしまった場合は、事故の度合いによっては、交通事故慰謝料が発生することがあります。この金額に関しては、当事者同士で解決することは不可能と言っても良いでしょう。

こういった時は、当事者同士ではなく、保険会社に依頼することが必要です。保険会社は、事故の度合いから交通事故慰謝料が発生するのかどうかを検討し、発生した場合は適切な金額を算出してくれます。いろんな事故の事例に携わっているので、経験豊富です。当事者同士だと、こじれるだけの話をうまくまとめてくれるのが、保険会社の役割なのです。

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚