人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

TOP > 相続手続き > 相続手続きの生前相談は弁護士、司法書士が安心

相続手続きの生前相談は弁護士、司法書士が安心

少子化、晩婚化などの影響で子供がいない夫婦が増え、価値観の多様化で法的な結婚をしていないパートナーなど、家族の形が多様化しています。  生前は本人同士の問題ですが、片方にもしものことがあったら、相続手続きに支障をきたすことがあります。

 たとえば、子供のいない夫婦で、片方が亡くなると、夫婦で築いた、自宅をはじめとした財産を、故人の親兄弟などの親族が相続することも起こり得ます。  もしもの時に備えて、弁護士、司法書士などの国家資格を持って、専門知識と社会的信用がある第三者に、相続相談と遺言書作成をしておくと安心です。

相続手続き関連

相続手続き、生前から少しずつ

相続手続きは、難しそうでよくわからないため、いざ手続きをするときに困るという方も、実は多いのではないでしょうか。最近は手続きに関するハウツー本も出版されており、人気です。生前の元気なうちから少しずつやっておけば、残された家族が困ることもありません。

まずは誰にどのように相続して欲しいか、家族で話し合うことからスタートです。家族が遠くに住んでいる場合は、なかなか会えず、会えても話をする時間があまり取れないかもしれません。けれどもそのような状況だからこそ、時間をとります。将来、家に住むことも維持していくことも難しければ、処分する道を検討しておきましょう。

相続手続きを考えながら進める

決して他人事ではない、相続手続きに関しては多くの人が関わっていくことになります。相続の内容が多岐にわたりますので、ひとつひとつ順を追っておこなっていく必要があります。そうしたなかで、間違いなくスムーズに勧めていく事は慣れていない人がおこなう事はむずかしいことでしょう。

そうしたことから、効率よくおこなっていくことが求められています。手続き内容のなかには期限が短いようなものも含まれていますので、十分に注意をおこない、すすめていくような必要があるでしょう。法律家でなくても、専門家に相談することもできますので、可能な限りは慣れている人に相談をおこなっておきましょう。

相続手続きをおこなう

相続人にあたっては故人がなくなってから、相続人同士で遺産分与について話し合いをおこなっていく必要があります。慣れないとなかなかスムーズに進める事はむずかしいことだと思います。最近ではインターネットなどで、遺産分与に関しての専門の機関や法律事務所を見かけるようになりました。

そうした機関や法律事務所に、相続手続きのサポートを得ることでスムーズにすすめていくようなこともできるでしょう。長引いてしまいますと、トラブルやミスなどにも繋がってしまいますので、依頼をおこなうことでスムーズに進めていけるような体制をつくるようにしましょう。

遺産相続手続きの際に弁護士に介入してもらう

遺産相続手続きをおこなう場合において相続人だけですますことができれば、良いですがそうと限らないようなケースもあります。生前に遺言書を残している場合には、遺言書の内容が基本的には重視されますので、円満に遺産相続ができる可能性も高まります。

しかしながら、遺言書がなく、遺産の内容が不動産などの分けにくいような内容だった場合において、トラブルに発展してしまうような可能性もあります。弁護士のように専門的な知識がある法律家であることや、第三者に介入してもらうことが、遺産相続を円満に進める秘訣にもなってくるでしょう。

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚