人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

TOP > 遺言書作成 > 相続の遺言書作成について

相続の遺言書作成について

自分の財産を相手へ相続する時には遺言書を作成します。この遺言書作成には3種類の書き方があるため、それぞれ説明していきます。 まず、最も簡単で費用もかからない自筆証書遺言。これは遺言の要件をしっかりと満たしておかなければ無効となってしまうため、家庭裁判所で検認が必要になります。

次に、二人の証人が必要で公証役場で作成してもらい手数料が1万6千円以上と証人依頼料がかかる公正証書遺言書。これは紛失した場合でも再発行することが出来ます。 そして、同じく二人の証人が必要で公証役場手数料が1万千円と証人依頼料がかかり、遺言の要件を満たしていなければ無効となる可能性があるため家庭裁判所での検認が必要になります。

遺言書作成関連

遺言書作成が終わった後の保管は一体どうすればいいの?

遺言書作成が完了した所まではいいが、その後自分が亡くなるまえどのように保管しておけばいいのか不思議に思う人もいますよね。折角作成したのに、誰にも気が付いてもらえなければ意味がありません。

そこでおすすめなのが、作成は自分で行って、その作成した遺言書の保管を法律事務所にお願いするというスタイルです。こちらでしたら費用をそこまでかけなくても安心して保管を任せることができます。大体いくらくらいになるのかと言いますと、おそらく1年で、5000円くらいで保管しておいてもらえると思います。5000円程度で預かってもらえる安心を買うことができるなら安いと思いませんか?

遺言書作成に注意すること

最近では遺産の内容の大小に関わらず、遺言書作成するような人が増えている傾向にあります。遺言書に関しては多様化する現代においては、必要不可欠なことが予想されますので、遺言書の作成をおこなうべきでしょう。しかしながら、遺言書を作成するにあたっては、方式やルールなどが法律で決められていますので、その内容に準じて作成していくことが義務付けられています。

万が一、方式やルールに反して遺言書が作成されているようであれば、遺言の内容が無効になってしまいますので注意する必要があるでしょう。遺言書を作成するにあたって不安であれば、法律家や専門家に相談をおこなうようにしましょう。

遺言書作成で困ったら

遺言書は、資産家だけがするものではありません。遺産相続だけにとどまらず、引き継いでほしい想い、家族への想いを伝える場です。動物の殺処分ゼロを目指して活動していた女優が、その活動を支援し続けて欲しいと遺した例もあります。

遺言書作成は、法律に従って作成する必要があります。記載方法が法律に違反していると、無効になり自分の想いが遂げられなくなるので注意が必要です。疑問があれば、弁護士や司法書士に相談します。手続きの際に必要なので、家族に見つけてもらいやすく安全な金庫などで保管すると安心です。遺産分割協議でも必要になります。

遺言書作成は自分でもできるの?

遺言書作成というのは自分でもできるものなのでしょうか?それともやはり簡単にはできないものなのでしょうか?実はそこまで難しいということでもなく、自筆遺言書というものがあるくらいですので自分で作成できるのであれば全く問題ありません。

弁護士などの専門家が立ち会っていなければいけないというようなものもありませんので自分が思いたった時に自由に作成できるのがとても魅力的です。最近では本屋さんなどで遺言書の作成についてなどといった本も出ていますので、そういったことに最近興味があるような人は購入して勉強してみてもいいのではないでしょうか?

メニュー

TOP 債務整理 過払い請求 交通事故相談 交通事故慰謝料 交通事故弁護士 遺言書作成 相続手続き

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚