人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

債務整理といっても種類があり、どれを選択するにせよそれぞれメリットとデメリットがあります。債務整理の特徴を知ったうえで、自分にベストな方法を選択しましょう。

モラハラ離婚について考える

最近は、どちらかのモラハラ行為による精神的苦痛から結婚生活を維持できなくなり、離婚に至る「モラハラ離婚」が増えています。モラハラとは、精神的なDVとも呼ばれています。DVと違うのは、暴力は振るわない点です。モラハラでは、配偶者を無視したり、配偶者の人格を侮辱するような言動をするなど、精神的に相手を苦しめるのが特徴です。

モラハラの中には、専業主婦の妻に生活できるギリギリの金額しかお金を渡さないというような経済面で苦しめるものもあります。モラハラを行う人間の特徴としては、近所の人や親戚、会社の同僚や上司には外面が良いため、モラハラを受けている配偶者が周囲に助けを求めてもなかなか信じてもらえないことが多いです。

子供あり夫婦のモラハラ離婚やDV離婚等は大変?

最近は離婚した人をバツイチではなくマルイチと呼ぶこともあるそうです。ですが、それは円満離婚の場合で、双方が離婚によって幸せになり、人生において良い経験となった場合に使う言葉でもあります。

離婚した夫婦が全てそのような円満離婚であればいいのですが、そうでない夫婦も沢山います。例えばモラハラ離婚やDV離婚などです。子供がいなければ別れてしまえば後は他人ですが、いる場合は養育費や親権の問題もありますし、子供にとっては親である事に変わりはありません。なので、どちらかが被害者の場合の離婚の話し合いは、当人同士よりも弁護士に相談、介入してもらった方がよいでしょう。

モラハラ離婚の無料相談が増える理由

モラハラ離婚を成立させるために弁護士への相談が後を絶ちません。その理由はモラハラと呼ばれるものが世間的認知がされたためです。モラハラは被害者がモラハラということを自覚できないことに問題があります。

相方に受ける精神的暴力を当たり前のことであると認識している以上離婚に発展しようがないためです。しかし社会的に問題であると理解すると自身を振り返り、正常ではないと考えます。そこから時間が経過することに募り募っていく感情が離婚へと向かうわけです。しかし証拠も少なく協議離婚が成立しにくいため弁護士への無料相談が後を絶たないのです。

債務整理について

過払い請求について

交通事故の慰謝料について

遺言書作成について

モラハラ離婚